今後の活動について

新型コロナウィルスの影響について。

全ての活動をストップせざるを得ない状況が続いております。

緊急事態宣言が解除された現在も、活動再開の具体的な時期は、まだ決まっておりません。
しかし、そのことは、「これまでの活動」を見直し、「これからの活動」考える、とても良い機会になっているのも確かです。

引き続き、地域ボランティア団体としての活動を続けます。

これまで定期的に行っていた活動はストップしていますが、事務局から活動を共にしたメンバーの方に手紙を送ったり、ウィルス対策や免疫力アップに関するチラシの制作もしています。

短時間、少人数のミーティングも、少しずつ再開しています。

「これからの活動」について、考えていること。

最初にお伝えした通り、活動再開の時期については、未定です。

ただ、今回のコロナウィルスがもたらした状況は、活動の目標がよりはっきりとした側面もあります。「今までと同じ」ではなく、違うかたちで、さらに理想に近づけるような地域の活動として、再スタートをします。

0えんマーケットについて

2017年11月より、毎月開催してきた「0えんマーケット」は、引き続き開催する予定です。ただし、一度にたくさんの人が集まってしまう、定期企画としての開催を見直す方向で検討をしています。

・無人、常設のスペースを作る

・来場者がバラけるよう、複数日の開催にする

などの案が出ており、いずれにせよ、以前よりもさらに物品が動きやすい環境を作りたいと考えています。

その他の活動について

ピアミーティング、サロン活動については、感染症対策を講じた上で、状況に応じ個別に対応します。
少人数での再開も視野に入れ検討中です。

新しい目標について。

たとえワクチンが開発され、沈静化したとしても、これまでとは違う活動をしなければいけないと考えています。
さらに、新たな感染症が発生したとしても、持続出来るような体制を整えて行きます。

ホホホ・ザ・わいわいは、規模を拡大するのではなく、地域で「顔の見える活動」を行ってきました。
それでも、ミーティングやイベントをする際には、メンバー、参加者が「集まる」ことが必要です。もちろん、その状態をゼロにすることは出来ませんが、わざわざ「集まる」ことなく、普段の生活のなかに、今の活動を組み込んで行くのが理想です。

それは、つまり、かつて普通に存在した地域(町内)の姿なのかも知れません。そのためには、メンバーが生活しながら活動可能な、新しい拠点を作らなければいけないと考えています。

具体的には、

・活動を日常的にできるような店舗を作る

・店舗、住居(シェルター機能含む)、集会所を兼ね備えた場所を作る

などを、構想中です。
それが、ひとつの建物なのか、もっと広い地域になるのか、まだわかりません。

特別な「施設」ではなく、地域に必要な、当たり前にある場所として存続できれば良いと考えています。

寄付金について

ホホホ・ザ・わいわいの活動は、寄付金、寄付して頂いた物品の販売、イベントの収入、助成金。を収入源として、成り立っております。
現在、定期企画「0えんマーケット」が休止していることで、寄付金ゼロの状態が続いております。

今後の活動も含めて、広く支援していただける方を求めております。

ゆうちょ銀行
口座名義:ホホホ ザ ワイワイ

*ゆうちょからのお振込みの場合
【記号】14450
【番号】45359491

*ゆうちょ以外からのお振込みの場合
【店名】四四八(ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通
【口座番号】4535949


<この文章を書いた人>
松本伸哉
<内容を考えた人>
三木佐和子
ホホホ・ザ・わいわい事務局一同

4月のホホホ・ザ・わいわい「0えんマーケット」は、短縮開催とお知らせしていましたが、新型コロナウィルス感染症の状況を踏まえ、全面中止とさせていただきます。
5月以降の予定も未定となっております。
またこちらでお知らせします。 instagram

3月のホホホ・ザ・わいわい「第28回・0えんマーケット」は、新型コロナウィルス感染症の状況を踏まえ、11:00〜12:00の短縮開催となります。

ホホホ・ザ・わいわい「第28回・0えんマーケット」

日時:3月14日(土)

時間:11:00〜12:00

会場:ホホホ座前ガレージ

<ご注意事項>

ゆずり合いの精神でお願いします。沢山の商品を一度に持ち帰ることはご遠慮下さい。

0えんマーケット用の駐車場はございません。お車でのお越しはご遠慮下さい。

自転車、バイクの駐輪は道路にはみ出さぬよう、スタッフの指示に従い、整頓して停めて下さい。

持ち帰り用の袋、包装紙はご持参下さい。

<物品の提供に関して>

・買取は致しません。無料で提供していただけるもののみ受け入れさせて頂きます。

・新品である必要はございませんが、汚れ、破損の激しいもの、大型のもの、生もの等の持ち込みはご遠慮下さい。

・「どんなもの?」「どれくらいの量?」を、下記お問い合わせ先まで事前にお問い合わせ下さい。

・0えんマーケット当日の物品受け入れはしておりませんのでご了承下さい。

<0えんマーケットのお問い合わせ窓口>
ホホホ・ザ・わいわい事務局/浄土寺センター
〒606-8412 京都府京都市左京区浄土寺馬場町2−7
営業時間 11:30~19:00(水曜定休)
担当:松本伸哉
2kai@hohohoza.com
075-746-5185

0えんマーケットへの物品提供について〜いるもの・いらないもの
<2020年3月現在>

みなさまのご支援により、毎月開催をさせていただいております、0えんマーケット。
年度末からGWにかけては、物品提供のご相談もたくさんあり、大変うれしいのですが、その一方で、保管場所の確保に頭を悩ます毎日です。

そこで、あたらめまして、今現在、受け入れ可能なものと出来ないもの、ざっくりとした分類をお知らせいたします。

【いるもの】

・季節もの衣類(今なら、春、夏に着れるもの)

・くつ、かばん

・日用雑貨(タオルや台所用品など、未使用のものがのぞましい)

・文具類(未使用のものがのぞましい)

・子供のおもちゃ、絵本(破損のないきれいなもの)

・CD、DVD

いらないもの】

・着物類(和装小物は可)

・大きく、重量のあるもの(家具や置物など)

・引き出物でもらうような陶磁器のセット

・電化製品

・汚れのはげしいものや、こわれて使えないもの

・同じ商品で、大量にあるもの


書籍類は基本受け入れ可能ですが、一部の雑誌、全集、辞典、いたみのはげしいものは、受け入れ出来ません。

「こんなものあるけど、どうかな?」と、疑問に思った場合は、一度、下記連絡先まで、ご来店、お問い合わせ下さい。
【いらないもの】であっても、譲渡先が見つかる場合もございます。

よろしくお願いいたします。

<0えんマーケットのお問い合わせ窓口>
ホホホ・ザ・わいわい事務局/浄土寺センター
〒606-8412 京都府京都市左京区浄土寺馬場町2−7
営業時間 11:30~19:00(水曜定休)
担当:松本伸哉
2kai@hohohoza.com
075-746-5185

ハイネストビル27号室への事務局移転が完了しました。

不在の場合、0えんマーケットへの物品提供ご相談は、従来通り、ハイネストビル斜め前の浄土寺センター/ホホホ座ねどこ(担当:松本・水曜休)まで、お気軽にお問い合わせください。

ホホホ・ザ・わいわい
〒606-8412 京都市左京区浄土寺馬場町71 ハイネストビル2階27号室
メール contact@hohohozawaiwai.com
でんわ 075-746-5185 (ホホホ座浄土寺センター)

 

毎月第四日曜日に開催してきました
ホホホ・ザ・わいわいのものづくりの人たちの
ホリデーマーケット。 

ホホホ座2階27号室での開催は
1月26日(日)にて一時休止とさせて頂きます。
2、3月と休みを頂いて、4月から新しい形でのスタートを改めてお知らせいたします。

ありがとうございました。

 

おはようございます。「ホホホ座&ホホホ・ザ・わいわい 0えんマーケット」は、明日1/11 11:00~15:00 ホホホ座前にて開催予定です。年明けで、年末の大掃除など出た物品も出そうです。今年もどうぞよろしくおねがいします! #0えんマーケット


2020年1月の活動予定をアップしております。
https://hohohozawaiwai.com/schedule/

1月11日の0えんマーケットは、ホホホ座ねどこで開催される、「でけたさんのリメイク相談室と展示会」との連動企画となります。

リメイク、ものを捨てない生活に興味がある方は、ぜひご参加下さい。

遅くなってしまいましたが、2018年〜2019年の会計、総会資料もアップしておりますので、ご覧ください。

成果や活動の報告をほとんどしてこなかったホホホ・ザ・わいわいですが、2019年は「ホホホ座の反省文」(ミシマ社)の発刊や、ウェブサイトも始動し、少しずつ知ってもらえるきっかけが出来ました。

2020年は、分散していた事務局の機能を、ホホホ座浄土寺店のあるハイネストビル27号室にまとめて、スタッフが常駐できる体制を作る予定です。
また、助成金や寄付金を頂いて行う活動だけでなく、独立採算で活動資金をまかなえるような店舗展開も構想しています。こちらは、物件次第の部分がありますので、左京区浄土寺周辺で良い情報をお待ちの方は、ぜひお教えください。

引き続き、ホホホ・ザ・わいわいをよろしくお願いいたします。

 

「みんなのカード展」作品紹介③ 

吉川博人さん
(京都タワー展望室 似顔絵コーナー担当)

キラキラ光る鞍馬山が気になって
サンタのソリはそっと降りてみた。
面識はないが、天狗はクリスマスが好きらしい。
金閣寺で記念撮影。
100年前にドイツで買ったカメラをまだ大切に使っている。
嵐山モンキーパークの猿たちも、毎年クリスマスを楽しみにしている。
嵯峨野竹林の道では、猫がどこまでもついてくる。
東寺の上空。まさか、お坊さんになってから、サンタクロースを目撃するとは思わず、今夜は嬉しくて眠れない。
トナカイはソリを引いて空を飛ぶのに、なぜか清水の舞台は怖がる。
そんなトナカイは、伏見稲荷で友達のホッキョクギツネの事を思い出して喜んでいる。

京都クリスマスシリーズ、ぜひ1枚1枚を見にいらして下さい。

 

「みんなのカード展」作品紹介② 

出口綾さん

オオカミとウサギ
右を向いたり左を向いたり
肖像画のようだったり

どんな時に使いましょうか。